考察
BCOハピネスを使用した場合、水が腐りにくくなる事から、鮮度を従来に比べ長期間保つ事ができ、
賞味期限の延長を図る事が可能となる。

未処理の生ガキ(左)は腐敗し水が黄色く濁っているが、
磁気処理後の水を使用した方(右)は
ほとんど腐敗していない

未処理水使用 
磁気処理水使用
梱包一週間後の状況
試験結果

方法
 (1)を(2)・(3)各々の水で同時にパック詰めし、常温で一週間保存後、
  品質にどの様な違い
が見られるかを比較した。

使用する材料 (1)とれたての新鮮なカキ
          (2)磁気処理後の<海水+水>
          (3)未処理の<海水+水>

生ガキの鮮度テスト (梱包一週間後の腐敗状況比較)

←戻る