○○工業株式会社(○○自動車下請工場 車体整備・塗装)
○ ロボットの冷却水用ホース内、スケール付着状況の同時比較

ロボットの冷却水用ホースに、BCOハピネス簡易型B−20を設置したレーンと、設置しない未処理
レーンを準備し、
112日間(約4ヶ月)同時運用後、カルシウム等のスケールの付着状況を比較した。

設置約4ヶ月後、未処理のホース内にはスケールが付着している(右)
BCOハピネスを設置しているホースについてはスケールの付着が見られない。(左)

当工場では、BCOハピネスを設置する事で、 カルシウム等のスケールの付着を抑制できる 事が
確認
されたため、工場内 全ロボットへの送水配管に、BCOハピネスBK−100×1基設置した。

写真左:BCOハピネス B−20 設置ホース
写真右:未設置ホース

←戻る

設置機種 BCOハピネス BK−100×1基
設置目的 配管のスケール防止
設置箇所 作業ロボットへの工業用水給水元配管