○○温泉「○○プラザホテル」

設置機種 BCOハピネス 簡易型B−65×4基(旧タイプ)

設置目的 ホテル内の給排水の浄化力強化、清掃時間の短縮
設置年月 平成8年5月

水質検査

水質比較  (上水道「飲料水」の基準で検査)

同じ温泉原水を利用するホテル(「BCOハピネス」設置ホテル・未設置ホテルの2社)で、水質の違いを比較する。

採水場所:@温泉原水、A某ホテル大浴場、B○○プラザホテル男湯

上記表Aより、磁場処理をしなくて塩素殺菌のみでは、細菌類の減少効果が見られず、細菌類が増殖している
一方、上記表Bより、 BCOハピネス設置ホテルでは、塩素イオン及び細菌類の減少が見られる
2.○○プラザホテル、5年振りのレジオネラ属菌検査(新版レジオネラ症防止指針の規定による。)

女湯では水質基準に適合した。男湯に関しては、水質基準には今一歩適合しなかったが、
「BCOハピネス」の循環処理によるレジオネラ属菌増殖抑制効果が見られる。

※公衆浴場の水質基準維持が困難となっている中、高い効果が得られている。
当ホテルでは、旧タイプのBCOハピネス 簡易型B−65で対応しているが、 直結型BKタイプを
使用する事で、より高い効果が得られる
と考えられる。

細菌類増殖抑制効果(大腸菌・一般細菌)

水質検査 試験成績書

温泉水 水質比較 (上水道「 飲料水」の基準で検査)
同じ温泉原水を利用するホテル(「BCOハピネス」設置ホテル・未設置ホテルの2社)の比較

温泉原水

   一般細菌数:30/ml

    大腸菌群: 陰性









   某ホテル 大浴場

 
    「BCOハピネス」未設置

   一般細菌数:27,000/ml
    大腸菌群: 陽性





   ○○プラザホテル

     大浴場 男湯


  循環経路及び上水道給水元に

    「BCOハピネス」設置

   一般細菌数:40/ml
     大腸菌群: 陰性

××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

×××××

←戻る

塩素イオン 一般細菌数 大腸菌群
@温泉源泉 1,200mg/l 30/ml 陰性
A○△□ホテル 1,270mg/l 27,000/ml 陽性
B○○プラザホテル 390mg/l 40/ml 陰性
レジオネラ属菌 備考(採水状況)
大浴場男湯 20/100ml 塩素投入2日後
大浴場女湯 10未満/100ml
塩素イオン 一般細菌数 大腸菌群
@温泉源泉 1,200mg/l 30/ml 陰性
A○△□ホテル 1,270mg/l 27,000/ml 陽性
B○○プラザホテル 390mg/l 40/ml 陰性