浄化槽の仕様が古く、調整槽が設置されていなかったため、朝や夕方等、各家庭からの排水が
多くなる時間帯に、一時的に処理能力以上の汚水が浄化槽に流入していた。
その結果、浄化槽内での処理が充分できない状態で放流されていたため、河川が非常に汚れて
おり、悪臭が激しく、放流水流域の農家から、苦情が頻発していた。
しかしながら、浄化槽を改修するには、莫大な改修経費が必要になるためできなかった。
○○町○○団地の集落排水浄化改善
BCO ハピネスの採用経緯
磁気活水処理装置「BCOハピネス」を設置することにより、「上水道水が活性化」し、「汚水と
エアーまで活性化され、浄化槽での浄化能力が向上」する。この浄化能力向上を想定した上で浄
化槽を改修工事すると、
・ 改修経費を大幅に軽減できる
・ 放流水の水質も大幅な改善が期待できる
・ 河川のアオコ・悪臭の減少も期待できる
等の利点から採用された
改修後の効果
1.排水(放流水)の水質が高まり、水質(BOD,COD,SS)の数値が減少した。
 (工事期間:平成15年7月〜12月 引渡:平成15年12月)
改修前 H15.12 H16.1 H16.2
BOD(mg/l) 25.0 3.2 2.0以下 1.0以下
COD(mg/l) 80.0 5.0 2.0以下 1.0以下
SS(mg/l) 50.0 3.0 1.0以下 1.0以下
2.河川への放流水の水質が向上し、河川の悪臭・アオコがなくなった。
設置前(15年5月1日) (16年5月1日)
設置前(15年5月1日) (16年5月1日)
設置前(15年5月1日) (16年5月1日)
設置前(15年5月1日) (16年5月1日)

←戻る