某浄水場 水質データ

設置模式図

←戻る

 ※池から沈砂池への送水は150A配管で行なっていたが、
BCOハピネステスト設置段
階では、送水配管を50Aに絞り、BCOハピネスBK−50を設置でテストした。
(テスト期間:平成13年10月〜11月の2ヶ月間

項目サンプル名 一般細菌(/ml) 色度(度) 濁度(度) 鉄(mg/l)
原水池(池水) 330 9.4 8.7 0.34
BCOハピネス1回通過 86 6.7 3.9 0.17
第1砂ろ過 23 2.9 0.2 0.03
第2砂ろ過 18 1 0.1未満 0.03
基準値(参考) 100 5 2 0.3

設置後の推移及び考察

テスト開始1日目で浄水場のアオコや、藻の臭いがなくなり、また、第1ろ過の底面において
あるブロック
 が見えてきた。(この現象は、沈殿効果が高まってきたためである)
第1ろ過・第2ろ過の2つの砂ろ過処理をしているが、上表の結果から、現状の第1砂ろ過槽を
0cmか
1mに戻すことにより1回のろ過処理でよくなり、2回のろ過処理をしなくてもよくなると思われる。