←戻る

BCO happiness
水磁化の原理と効用

1.水の構造と特徴

◇水素結合
  O-H-Oが1直線に並んだ時最強
  O-H-Oが90°の角度をなした時最弱(切れる)
◇双極子(ミニ棒磁石)の集合体
◇クラスター構造
  H2O数10〜数100分子が水素結合している

4.水磁化の原理

3.水分子の水素結合:クラスター構造の1部

水分子の水素結合:クラスター構造の1部
  O-H-Oが1直線に並んだ時最強
  O-H-Oが90°の角度をなした時最弱(切れる)

磁化水

ハピネス(磁化装置)

浄水(普通の水道水)

・ローレンツ力フレミングの法則
 水(ミニ磁石集合体)が磁界を流れる
  →ローレンツ力が働き、ミニ磁石(水分子)が
    ミクロに方向を変える
  →水素結合が切れる
  →クラスターが小さくなる
・電磁誘導ファラデーの法則
 導体(水)が磁界を直角に横切ると導体は(水)に
 誘導電圧が生じる
  →水中にミクロな電子流が生じる
大きなクラスター構造
隙間が小さい
    磁石が対に並んでおり、
    N-Sが交互に反転している(交番磁界)  
  小さなクラスター構造
  隙間が大きい
左:水道水
双極子が無秩序に分布している
実際は水素結合でクラスター構造になっている
右:水道水が磁化されている様子
誘導電場が形成され、双極子が並び替えをしている様子
実際はこの電場が水の流れと共に反転し双極子は新たな
並べ替えをする
双極子の並べ替え→水素結合の部分的切断
            →クラスターの細分化

4.水磁化-原理/効果

磁気処理の基本作用
1)ローレンツ力の作用
 (フレミングの法則)
2)電磁誘導作用
 (ファラデーの法則)
・クラスターの細分化
 空隙の増加
・イオンの移動
 空隙へのイオン進入
・磁気による電流発生
・酸素活量の低下
・塩素活量の低下
・水中での結晶析出促進
 →管壁での晶析の減少
・水の界面活性向上
・イオン移動度の促進
・赤錆解消:黒錆化
・塩素臭/刺激解消
・ボイラーへのカルキ等付着低減
 →寿命と熱効率の向上
・洗浄効果の向上
 →洗剤の使用量低減
・細胞間物質移動の促進
 →生体反応の活性化
電流による殺菌作用
・一般細菌の低減
・レジオネラ菌の低減
・水と氷の構造はX線解析で明らかにされている。
・上から見た構造図から水には隙間が多く存在することが分る。
・この隙間に様々なイオンが入り込む。
横から見た図
上から見た図
氷と水の構造図、球がH2O分子

2.水と氷の構造

5.磁化による水の洗浄能力向上効果

試験方法
・綿布(5cm角)に機械油2.5gを含浸し試料とする。6枚用意。
・水道水と磁気水500ccが入った2つの同型容器に試料3枚をそれぞれに浸漬
・超音波で2分間攪拌する。
・それぞれの水に溶出した機械油をJIS K0102試験法にて計測。